パウロの森くらぶ・恩方第1小学校1年生の環境教育プログラム実施報告

いろいろなはっぱを集めて、好きなはっぱの絵を書こう

2016年10月6日(月) 8:30~16:00

場所:パウロの森(聖パウロ学園高校学校林)

生徒、先生はまず学校に集合してパウロの森まで徒歩で遠足。9時半頃に芝生広場に到着して開会式を行ってからヘルメット、名札等を着用して6班に編成されました。

生徒は葉っぱ収集の為のポリ袋を持って講師に引率されて森に入りました。森の中では葉っぱを収集するほか、ドングリやキノコ等に興味を抱く子が多くそれらも袋に収集していました。講師の植物の説明の他、小さな草木に興味を示す生徒も多く、講師にその名前を聞いていました。

その後乗馬クラブの馬を見てから森の広場を見学して芝生広場に戻りました。約1時間の行程でしたが皆元気に歩きました。只、この日は快晴で気温も高く、更に小学校から歩いたこともあり、1名が早期に離脱しました。どうも貧血の様でした。

芝生広場に敷かれたブルーシートの上で昼食を取った後、収集した葉っぱの中から好きなものを選んで絵描きに入りました。絵描き中の生徒の頭上には澄み切った青空が広がりその中を赤とんぼが沢山舞っていて微笑ましい、のどかな風景でした。

書き終えた班から自分の絵を持って記念撮影して、最後の閉会式で皆で「一年生になったら」の歌を合唱して終わりとなりました。お土産に数種のドングリとクルミが渡されて皆大喜びでした。閉会式の時にも「また来たい」という声が複数聞こえ、本イベントのねらいの一つである「自然と親しんで五感で理解する」と「パウロの森を好きになり又来たくなる」はかなり達成されたと思います。

 対象生徒: 57人(1年生)、副校長先生、先生3人
 スタッフ: パウロの森くらぶ10名
 報告者: 薮内


本授業は平成28年度森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業の支援を受けています。

Hさんの楽しい体操

パウロのもりのお弁当!

仲良くお絵かき

はっぱっを集めましょう

このはっぱの名前は?

よくできました