森林環境教育活動の目的は、森林内での体験学習を通して「人と森林との関係」について理解することです。

 

○森の自然観察 

 身近な自然観察を通して自然を見る目を養います。

 五感を通して四季を感じます。

 フィールドマナーを指導します。

 

○苗木を植えます。  

 木の育て方や成長を学びます。

 下刈りなどの手入れを学びます。

 

○キノコの栽培(ナメコ・シイタケ)

 キノコの菌糸を植えて栽培し管理・観察します。

 キノコの森での役割を知ります。

 キノコの種類と木の関係を知ります。

 

○サバイバル体験  

 マッチ数本から火をおこし、サバイバル意識を体験

 カレーづくりによる具体的なプログラム

 

○ナイトウォーク 

 自然との一体感や自然への畏怖を感じる

 夜の自然の中で動物の気配を感じたり、星の光を感じる

 

○土の中の生きもの探し

 落ち葉の分解の進み方を調べる

 土壌のなかに小動物や菌類がいるか

 カブトムシの幼虫を見つけよう

 いろんな土や小石などの分布を探る