パウロの森の四季 2019年

 

●1月10日(水)定例活動

 

 

カシワバハグマ

 カシワの葉に似ている葉を持つハグマ(白熊)という意味なのだが、左の写真は秋に咲いた花の後だ。一番下には氷が見える。これはカシワバハグマで見られるシモバシラ(氷の華)だ。シソ科の植物の茎にできるもので、シモバシラにできるものが一番きれいだ。里山では12月~1月に観察できる。パウロで見たのは初めてのことだ。