パウロの森の四季 2018年

 

●2018年5月19日(土)定例作業

モミジイチゴ

 イチゴといえば春にはクサイチゴ、冬にはフユイチゴ、ミヤマフユイチゴが目を楽しませてくれる。暑くなるとエビガライチゴだってできる。でも何といっても味が良くてたくさん成るのはモミジイチゴなのだ。そしてこれだけ橙色だ。パウロにもたくさん成って、もいで帰りジャムにする人もいる。パウロでは少ないおいしい食用の実だ。

アメリカフウロ

 この果実の形、見たことあるだろうか?そう、ゲンノショウコ、別名ミコシグサと同じなのだ。同じフウロソウ属だ。黒い小さな5つの犬のフグリみたいなのが種で、その真中で伸びる棒が5分裂してバネのように種を飛ばす。その後の姿がミコシのようだと、・・。葉っぱはゲンノショウコとかなり違う。パウロでは第2広場に咲いている。

カラスノエンドウ

 ほとんど雑草といわれる野草で普段は注目を浴びることもない花だ。仲間にスズメノエンドウがあって、さらにこの二つの中間にカスマグサがある。豆果はインゲンマメのような形で、豆科の場合はみな「豆」のような果実ができる。熟すと黒くなるので「カラス」と呼ばれる。

●2018年8月1日(水)定例作業

ハエドクソウ

 この野草の根っこを煎じて、昔使われたハエトリ紙が作られたので、この名前がついたのだとか。2枚の葉が交互に十字対生で生じるのでわかりやすい。花は上から咲き始め、つぼみは上向き、咲く時は水平、咲き終わると下にお辞儀する。なかなかきれいに咲いているものには会えないが、実はきれいな花で名前が気の毒だと思う。咲き終わったら、ありがとうございました、とばかりにお辞儀するなど律儀な花ではないか。

ミミガタテンナンショウ

 パウロの森に自生するテンナンショウ属の花は、ミミガタテンナンショウとホソバテンナンショウではないかと思うのだがどうだろう。ここでは有名な性転換の話は書かない。まだ早いと思うのだが、雌株はこうして実が熟すと赤くなる。誰に食べて欲しいのかいついまでも赤いのだ。大菩薩嶺に行くと、10月頃はミミガタテンナンショウの赤い実ばかり目立つのだが、あれを見るとやはり鳥に食べて欲しいのだと思う。しかし、大菩薩でもパウロでも赤い実は頭を下げて地面にボトリと落ちるようである。それで比較的、群生するように思う。

カシワバハグマ

 ○○ハグマと名前のつくものがいくつかある。それらはみな右の写真のようなつぼみであって、白い仏具のような花を咲かせるのだが、個人的にはキッコウハグマが群を抜いて美しいと思う。カシワバハグマは葉がカシワの葉に似ているのでその名前がついたようだが、どう見てもカシワに似ているとは思えない。花は、むしろ花後の花冠の状態がいつまでも残り美しい。また、比較的群生しやすいように思う。美人薄命ではないが、キッコウハグマのきれいな花にはなかなか会えないし、またその寿命も短いのである。もちろん、パウロの森にはない。残念だ。

●2018年9月5日(水)定例作業

シラヤマギク

 秋になるとキク科の白い花が咲く。代表選手はシロヨメナだったり、ユウガギクだったりするのだが、このシラヤマギクも有望選手だ。

 

 シラヤマギクは頭花がまとまって咲くのが特徴で、葉も下部の方では心形になるので判別できる。花の数で勝負するのがこの花の特徴か。

 

ノブキ

 野に咲くフキのノブキである。この花は観察する時期が違うと同じものとは思えない。最初は5mmほどの頭花に白い粒が密集している。その内、中央部の白い部分が咲き始める。追って周囲に8個ばかり放射状に花が咲く。中央の多数のツブツブは、両性花で実ができない。周囲の8個にのみ果実ができるのだ。まず、中央部が枯れ、それから周囲も花の時期が終わり、柱頭が膨らんで鬼の金棒のような長い実ができる。

 

ガンクビソウ

 正しくは(キバナガンクビソウ)だろう。黄色いすぼまった花が咲く。開平しない。キセルのガンクビに似ているのでガンクビソウといわれる。花自体はヤブタバコ、コヤブタバコの方がずっときれいだ。他にもオオガンクビソウがあって、さながらミニヒマワリのようだ。

 

 

 

オヤマボクチ

 花としてはまだまだ早い。丸いトゲトゲの茶色い花が咲く、目立つが地味だ。種はそれでいいのだが、オヤマボクチの本領は葉裏にある。葉の裏は真っ白で、つまりは白い毛が密生している。檜原村では、オヤマボクチをネンネンボウといい、ネンネンボウのが葉裏の毛をつなぎに使った蕎麦を売りにしているそば屋がある。実はその店でももう出してなくて、檜原村でも食べることができない、残念だ。

 

ビナンカズラ

 パウロ学園に来る大久保バス停横の民家にビナンカズラがある。ちょうど黄色い花が咲いている。ビナンカズラは雄花と雌花があって、どちらも花の中央に集合果のような雌しべができるのだが、あのツブツブの実ができるのは雌花だけなのだ。この写真も中央の子房のふくらみ方から判断すると雌花だろう。ついででだが、ビナンカズラから作る整髪料は、ビナンカズラのツルから作られる。実から作るのではない。